えん麦のちからの成分は?

えん麦のちからの成分は?

えん麦のちからは、

 

名前の通り、えん麦が主な成分になっています。

 

えん麦には食物繊維が玄米の9倍もあります。

 

これにより、2袋で、日本人が一日に必要な食物繊維の約1/3を摂取することができます。

 

また、水溶性と不溶性の食物繊維が1:2のバランスで含まれているのも大きな特徴となっています。

 

不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収して、

 

糞便の体積を増やすことで、腸の運動を活発にして便通を促します。

 

また水溶性食物繊維は、大腸内で発酵・分解されて、

 

善玉菌を増やすことにより、腸内環境を整えてくれます。

 

えん麦の成分はβ-グルカンが主な栄養成分

えん麦のちから,成分

 

えん麦の主な栄養成分はβ-グルカンです。

 

このβ-グルカンは、水に溶けると粘性を増やして吸収性がアップします。

 

水に溶けると、なんと、約8倍に膨張するんですね。

 

お腹の中だと温度が高いので、さらに膨張して長時間とどまることになります。

 

そのため、空腹感を感じにくくして、食べ過ぎを防ぐ効果を出します。

 

そして、その粘性により、摂り過ぎた余分な食べ物の吸収を穏やかにしてくれます。

 

だから、「えん麦のちから」は腹持ちがいいのです!

 

えん麦の成分のβ-グルカンについて

 

β-グルカンは、えん麦の外皮に8〜9割が含まれています。

 

単に種子の外皮を削ってもえん麦ふすま(オートブラン)は口当たりもザラザラ。

 

苦くて利用しにくいものです。

 

「えん麦のちから」では素材の成分や風味を残したまま、

 

独自の製法でβ-グルカンを高濃度に濃縮しています。

 

だから、「えん麦のちから」は美味しく食べられるのです!

 

「えん麦のちから」では、特に標高1,000〜2,000mの高地の冷涼な環境で、

 

無農薬栽培された健康成分の含有量の高いえん麦だけを使用しています。

 

だから、「えん麦のちから」は安心!

 

 

 

 

 

 

あなたにも、健康的に、キレイにダイエットをしてもらいたいので、

 

是非、えん麦のちからをお試しください!

 

 

>>>えん麦のちからの公式サイトはコチラ!

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ

 

えん麦のちからを激安の最安値で購入する方法!

 

関連記事

 

えん麦のちからの口コミ・評判・レビューはこちら